転入届について

転出届を提出したら今度は転入届がの提出が必要です。これは引越しをしてから行いますが、転出届と一緒に必要になるものなので、引越しから14日以内に提出しましょう。

 

一応、14日過ぎてしまってからでも手続きは出来るのですが、少々お金がかかってしまうので、出来るだけ期限の内にしてしまいましょう。

 

ただ、引越しの際は何かと忙しくて、分かってはいてもついつい先延ばしにしてしまうこともよくあります。うっかり期限が過ぎてしまった。なんてことがないよう、早めの手続きを心がけましょう。ですが、転入届を引越し前に提出することはできません。忙しいかもしれませんが、どうにか時間を作って手続きに向かいましょう。

 

本人もしくは世帯主、またはその代理人が手続きを行います。必要なものは身分証明書と印鑑。そして転出届を提出した際に交付された転出証明書です。転出証明書は再発行に手続きが必要なのでなくさないよう、転出届を出したときに覚えておきましょう。

 

もしも紛失した場合は引越し前の市区町村の役所に行って、代わりの証明書を交付してもらわなくてはいけません。転出届と同様に国民健康保険、こども手当て、乳児医療証などの手続きも一緒にしておくと、役所に何度も足を運ばずにすみます。

 

それから、引越しのときの様々な手続きには住民票が必要なことがありますので、せっかく役所まで足を運んだのですから一緒に交付してもらっておきましょう。後の手間が省けます。