更年期はいつからなのか?

更年期というのは、どれくらいの年代を指しているのかというと、大体45歳から56歳くらいになっています。更年期というのは、閉経の前後数年のことを指しています。

 

日本人女性の場合、50歳前後に閉経をすることが多いですので、この前後のことを更年期と呼んでいます。ただし、その人によって閉経をする年齢というのは違っており、40代前半くらいで閉経をする人もいますし、50代後半になってから閉経をする人もいます。

 

更年期になった場合、月経に違いが生じることになります。閉経になる数年ほど前から、卵巣がだんだん機能を低下させていきます。これによって、ホルモンの分泌にも影響が出始め、ホルモンバランスが崩れていきます。ホルモンバランスを整え更年期の症状の緩和にセントジョーンズワードがおすすめです。

 

そして月経不順になってしまい、安定して月経がやってこなくなりやすいです。いつもより早く月経がはじまったり、いつもよりも遅くなる、またいつもよりも出血量が増えたり減ったりします。月経不順がしばらく続くと、次は月経をしても排卵が起きなくなっていきます。そして、最終的に閉経をして月経が起きなくなるのです。

 

急激にホルモンバランスが変化をするため、精神的に不安定になってしまいやすいです。また、更年期というのは家庭や職場に変化が現れやすい時期に重なっており、さらに情緒不安定になりやすいです。

 

そしてホルモンバランスが乱れることによって、疲労や食欲不振、ほてり、発汗、睡眠障害、めまい、肩こり、冷え性、腰痛、頭痛などのような身体的な症状が現れたり、情緒不安定になったりイライラするといった精神的な症状が現れるようになります。症状の現れ方は個人差があるため、どのような症状が現れるのかというのははっきりとは言い切ることができません。

 

更年期に差し掛かったことで、色々な症状に悩んでいる人は大勢いるのですが、症状を堪えずにちゃんと病院で治療を受けるようにすれば、症状を和らげることも可能になっています。また、薬だけで治療をするのではなく、普段の生活と食事を改善させるだけでも、更年期の症状をかなり和らげることも可能です。