どんな人が動脈硬化になりやすい?

動脈硬化になっているかを調べるためには、初めにコレステロール値を測っていくことになります。コレステロールが血液中にどれくらい含まれているのかを調べるため、血液検査でコレステロール値の測定をします。

 

コレステロール値が基準値よりも高くなっていて、さらに何かしらの要因があると動脈硬化になりやすい人ということになります。ですから、コレステロール値が基準値よりも超えてしまわないように普段から気を付けて生活をするようにしましょう。

 

コレステロールというのは、悪玉コレステロールと善玉コレステロールがあります。どちらのコレステロールも人間に必要な成分です。ですが、善玉コレステロールよりも悪玉コレステロールが増えてしまうと、健康を害することになります。

 

コレステロール値の中でも、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)の数値がどれくらい高くなっているのかが需要になります。HDLコレステロール(善玉コレステロール)が40r/dl以下、そしてLDLこれスレステロールが140r/dlを超えている場合、コレステロールが基準値よりも高いと診断されることになります。

 

コレステロール値の測定をするだけが動脈硬化になりやすい人かどうかを判断するのではなく、他にも、糖尿病やメタボ、喫煙、高血圧なども動脈硬化になる危険性をはらんでいます。この他にも、心臓病を患っている人が親族にいる場合も、遺伝的に動脈硬化になりやすい人と考えられています。

 

そして、女性の場合は55位歳以上、男性の場合は45歳以上の人だと動脈硬化になりやすいと考えらえていましたが、最近は若い世代の人でも動脈硬化になりやすくなりつつあります。