中性脂肪とは

グリセロールと3種類の脂肪酸が結合されたものが、いわゆる中性脂肪となっています。人間の血液には、中性脂肪以外にも、遊離性脂肪酸やリン脂質、コレステロールなどといった脂肪分が流れています。

 

中性脂肪は生活習慣病や肥満などを誘発する可能性があるため、悪いものなのだと思っている人も多いのではないでしょうか?ですが、中性脂肪がなくては、人間はエネルギーを作り出すことができません。

 

なので、人間にとって中性脂肪は必要な存在となっているのです。中性脂肪は、体の中に溜めておいて、必要なときに燃焼させて、エネルギーを作り出しているのです。

 

ですので、全く中性脂肪がない状態になってしまうと、人間は生きていくことができません。ですが、中性脂肪がそのままエネルギーとして燃焼されなかったら、体脂肪になってしまうのです。中性脂肪は一度、血液で全身に運搬されるのですが、使われることがなかった中性脂肪は肝臓に運ばれます。

 

中性脂肪というのは、使われることがなかったら、体内で非常用として蓄えられていきます。ですが、この中性脂肪が溜まりすぎてしまっていると、病気の原因になってしまうということもあるのです。

 

中性脂肪を燃焼させることなく、蓄積され続けてしまうと、肝硬変や糖尿病、心筋梗塞といった、非常に危険な病気を発症する可能性が高くなってしまいます。

 

中性脂肪は、見た目だけは見分けることは困難ですし、自覚症状が現れることもありません。そのため、健康診断で中性脂肪値が高いことに気づくという人が非常に多いのが実情となっています。